なかなか直しにくい新車のキズやヘコミ

新車で車を買ったあとには、絶対に「大事にしよう」と心に誓うと思います。買ってしばらくの間は、ぶつけたりして傷やヘコミを作らないように、細心の注意を払って運転します。傷やヘコミは見た目の問題もありますし、修理に出せばすごく高い料金がかかったりします。

2016-06-21_103418

ですが、予期せぬトラブルというのは往々にしてあるものです。慣れない道や駐車場なんかで、道幅がうまくつかめずにガリガリっと擦ってしまったことはありませんか。他にも、考えたくもありませんが、当て逃げされたなんて話は決して珍しいものではありません。

しかし、車は1年とか2年で買い換えられるものではありません。修理に出せばすごく高い修理費用を取られるし、でも、そのまま乗るのも嫌です。そんなふうに思いつつ、仕方なしにそのまま乗っているような人も多くいるはずです。

最近、私が思うのは、もっと気軽に交換できるように設計してくれればいいのになということです。交換ができるようにパーツ化してくれれば、自分の気になった時に、安く交換できるのではないかと思います。自分の車がすでに生産していなかったりすると、メーカーにお願いしても直しようのない時があります。

自動車は資産でもありますが、同時に消耗品でもあります。せっかくのお気に入りの車でも、やっぱり乗れば傷つくものです。スマホのカバーみたいに…とははいかないと思いますが、もっとパーツの融通がきくようになってもいいんじゃないでしょうか。そうすれば、パーツのカスタマイズを楽しめるようになったり、別の消費を発掘できるのかもしれません。

↓無料の車査定はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です