雪が降った翌日のスリップ事故

茨城県に住んでいたころ公共交通機関がとても不便でした。車は一家に一台ではなく、一人一台持っていました。私も専用の軽自動車を所有していて、通勤に利用していました。

ある年の冬の雪が降った翌日、チェーンがなかったので仕事に行けるかなと窓から外をのぞいてみました。幸い大雪ではなく、大通りは通行量も多くほとんど雪が解けていたので、仕事に行くことにしました。大通りは問題なく走行していたのですが、近道をしようと通行量の少ない裏道に入ってしまったのが失敗でした。

雪が残っていたので、スピードは落としてトロトロ進んでいたのですが、ビルの陰にあったため全く日が当たらず、氷の塊になっていた雪の表面にタイヤを取られ、見事にスリップ。一回転、横滑りして、縁石に乗り上げて止まりました。車の頭を歩道に突き出し、お尻を車道に突き出した形でです。

何が起こったのか一瞬わからずしばらく車の中で呆然としていましたが、音を聞きつけてビルから出てきたおばさまに声をかけられ、やっと状況を把握することができました。当時はまだ携帯電話もなく、おばさまの好意でビル内の電話をお借りしてJAFを呼び、職場にも連絡できました。雪の日の翌日でJAF依頼が立て込んでおり、時間がかかりますと言われましたが、最初に言われた時間よりも早く来てくれました。

2016-07-28_151038

本当に幸いだったのは歩行者や他の車を巻き込まずに済んだことです。私自身も無傷でした。落ち着いてよく見たら、私がスリップした現場から少し前でも同じような状態の車が止まっており、警察が来ていました。

ここまでだったら私は良かったで終わるのですが、車道に突き出して止まっていた私の車のお尻に同じようにスリップしたお姉さんの車が突っ込んできて、双方の車がクラッシュ。運が良いのか悪いのか、まだ残っていた警察官が駆け付けてくれ、そのまま現場検証となりました。私が呼んだJAFの方も車を縁石から降ろすだけの作業だと聞いて来たのに、自走できなくなった車を工場に運ぶことに。突っ込んでしまったお姉さんは色々言い訳をしていましたが、目の前で見ていた警官に怒られていました。

もう一つ幸いだったのは、声をかけてくれたおばさまと一緒に私がビル内にいたことです。寒いからといって車の中にいたならば無傷で済んだかどうか怪しいです。結局私の車は廃車になってしまったので。この後、お姉さんが事故解決の話し合いを保険会社に丸投げしたため、かなりもめることになりましたが、私が誰かに対して加害者になることはなく、健康を害することもなかったので、本当に幸運でした。そして声をかけてくれたおばさまにも本当に感謝です。

↓無料の車査定はここから!

お年寄りの自動車事故急増!マニュアル車が見直されるべきでは?

近年、お年寄りの自動車事故が増えているように思います。殆どがオートマ車のアクセルとブレーキの踏み間違えだとか。足が悪くなってくると車のペダルを踏む方が遥かに楽だというのは判ります。しかし、事故を起こして初めて、車というものがとても便利だけどもとても危険な乗り物だと気付くことも多いのではないのでしょうか。

最近の若者が免許を取る場合は、7割がオートマ限定免許だそうです。マニュアル免許を取ろうとすると、教官に「なんでマニュアルなの?いるんだよね、親に言われてマニュアル取ろうとする子。家にマニュアル車ないでしょ。そう言う子は運転してる所見た事ないから、シフトチェンジやらクラッチ操作やら見た事なくて困るよ。ゼロからのスタートじゃなくてマイナスからのスタートなんだよね」と、やる気を殺ぐような事も言うそうです。

オートマ車は確かにとても便利です。便利過ぎて、集中力を保つのは大変です。運転だけに集中できずに他になにかしようとしてしまうほど、オートマ車の運転が簡単だということが、ながら運転を誘発し、事故の原因の一つになっているのではないでしょうか。

2016-07-11_130248

自家用車の開発はどんどん進み、自動運転などの実用化も話題になるほどです。しかし、乗っているのは人間で、事故が起きれば人間の命が奪われます。便利に、簡単に、という事ばかりを追求するには、危険が大きい気がします。

運転しなくてもいい、という方向に発展していくのではなく、あくまでも運転するのは人間であって、その運転をサポートするような技術がもっと進めば、と思います。運転者にアドバイスしたり、運転者のコンディションを管理するようなAIが搭載された車が登場するのは素敵だな、と思います。

そしてもっとマニュアル車が見直されるべきではないかと思います。車は、楽な移動手段としてだけにしておくのはもったいないと思うのです。運転そのものを楽しむ気持ちをもう一度思い出せば、事故は減るのではないかと思うのです。車の危険性、運転することの責任をドライバーに常に再認識させるような技術、制度が必要です。

↓無料の車査定はここから!

カタログデータの燃費の意味が分かりました

2016-07-11_130012

現在乗っている車はホンダフィット1300A、排気量は1300ccでカタログ上の燃費は23キロ/1リッターです。ところがどうしたものか実際の燃費はほとんど市街地走行の為なのか12~13キロ、一体カタログデータとは何ぞやと思ったものです。

ところがある時北陸自動車道経由で田舎に帰った時のことです。大阪を出発する前にタンクを満タンにして、ひたすら高速道を田舎に向けて走りました。普段ガソリンメーターの針の位置でどのくらいの量を使用したのかは大体分かります。大阪から新潟までは約600キロ、新潟を通過したのにメーターの針はまだ半分くらいの位置を示しています。えっこれだとリッター当たり25キロ以上は走っている計算になります。もしかしたら田舎までの900キロを走れるのか、そう思いながら走りました。

村上で一般道に下り渥美温泉、鶴岡を過ぎてもメーターはまだ4分の1程残っています。鶴岡で短距離ながら再び高速道にのり酒田へ、酒田でまた一般道におり国道7号線をひたすら田舎へと走ります。やがて象潟町、本荘市を過ぎようやく田舎の秋田市に到着、メーターもそろそろEに近づいてきたのでガソリンスタンドに入って給油しました。すると入ったガソリンの量は36リッター、その時のトリップメーターの数字は878キロ、計算したところ何とリッター当たり約24キロの数字となりました。何とカタログデータの23キロを上回る数字を記録してしまいました。

その時「そうかカタログデータというのはこういう状態で走った時の数値なのだ」と分かりました。市街地では決して出ようのない数値であることが分かりました。

↓無料の車査定はここから!

たった一度の自動車事故でわかったこと

29年前に運転免許を取得しました。いなかに住んでいるので、車は必需品です。そのため、免許を取ってから、ずっと車を所有しています。また、運転も続けています。

さて、長い間、運転を続けていると、いろいろなことがあります。幸い、重大な事故を起こしたことはありません。しかし、小さな事故は、一度だけ経験があります。そして、自分が原因ではなかったのですが、事故の処理で、とても大変な思いをしたことを覚えています。

10年くらい前のことでした。行き慣れたスーパーの駐車場から出ようとしていたら、後ろを確認せずにバックしてきた車にぶつけられてしまったのでした。相手は平謝りの状態でしたが、相手の車にも傷ができてしまい、警察に届けることのしました。警察はすぐそばだったので、ひとまず、警察に来るようにいわれました。そして、結局は、保険会社を通して、修理をおこなうことにしました。

2016-07-11_125746

保険会社を通して、順調に修理は進みました。また、ひどい傷ではなかったので、比較的早く直ったのでした。しかし、保険会社からわたしに電話が入った時、事故当時にクラクションを鳴らしたかどうかを尋ねられました。わたしは正直に、クラクションを鳴らさなかったと答えました。その結果、クラクションを鳴らさなかったことは、わたしの不注意だとみなされました。そして、わたしにも過失があったと判断されたのでした。

このことは、翌年の保険料にも響いてしまいました。決して自分は悪くないと信じていて、相手もそのように判断していました。しかし、クラクションを鳴らしたかどうかで、過失の有無が決まってしまうこともよくわかったのでした。

それからは、必要な時には、きちんとクラクションを鳴らすようにと、夫からいいきかされています。また、ちょっとした事故であっても、その処理は煩雑になってしまうこともわかったのでした。もう事故はこりごりだと思い、気をつけながら運転しています。小さな事故でも、精神的なダメージは大きいのでした。

↓無料の車査定はここから!